家庭教師で失敗しないために

家庭教師の料金での失敗例

家庭教師選びに失敗した人の話も知っておくほうが、自分の家庭教師選びの参考になると思いますからお勧めです。

 

家庭教師を依頼する際にお金につられて契約する人も多いと思います。確かに家庭教師の料金というのはピンからキリまでありますから、出来れば安くていい先生を・・・と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

そこで比較する際に、家庭教師派遣会社を比較して、一番料金が安くて評判のところを選びます。そして営業マンが来て、契約をするのですが、安い値段で、その営業マンの成績が上がるという言葉に惑わされて契約してしまいます。しかし実際に来た家庭教師の大学生は、少し頼りない感じに見受けられたり、数回授業を受けてみても、なんとなくこのまま成績が上がるように感じられないというケースがありました。

 

そして家庭教師派遣会社に連絡をして、今の状況を伝えると、弊社の教材を一緒に使ってみてはとすすめられます。家庭教師もこの教材なら、使い慣れているので教えやすいので、お子さんの成績を上げるのに役に立つと言われるわけです。そこで、少し高いのですが、十万円で教材をそろえます。

 

 

その教材の中身は思ったものではなく、あまり期待したほどではないということになります。そこでまた連絡をするのですが、では家庭教師を交代しようという話が出て、交代料がかかること、そして今度の先生は、少し授業料が今までよりも高いということになると言われます。これでは安い家庭教師派遣会社を選んだ意味がなく、結局多額のお金を支払い失敗してしまいます。

家庭教師の体験授業

家庭教師の体験授業を行っているところは多く、個人で家庭教師を依頼するという場合でも、体験授業や面接を行っているというケースは一般的です。では体験授業では何を目的に、何をチェックすればいいのか、その点について紹介したいと思います。

 

まずしっかり体験授業で見極めて、自分のお子さんに合った家庭教師であるのか、この時点でチェックできなければ、なかなか家庭教師選びは難しいと思いますので注意しましょう。まずは家に来た時の基本的な常識やマナーが身についているかもチェックします。玄関でのあいさつの方法や、言葉づかいなどもチェックしておきましょう。

 

 

そして体験授業の前に面談をするといいでしょう。この面談では、家庭教師の経験や、学歴、どんな教科が得意なのかといった面も確認しておきましょう。そしてお子さんの今の状況を伝えて、今後どのように進んでいくのか、なども聞いてみるといいでしょう。家庭教師としてしっかりと教育方針を持って話ができる人を選ぶのがいいですね。

 

家庭教師の体験授業では、出来れば親御さんも、授業に立ち会えれば一番です。立ち会えることで、しっかり子供に合った家庭教師であるのか見極めることができます。

 

家庭教師派遣会社によっては、体験授業を実施していないケースもありますし、無料で実施しているところもあれば、有料のところもありますので、それぞれ家庭教師派遣会社に問い合わせをして、そのあたりはどうなっているのか、確認しておくといいでしょう。